文字サイズ
オープンキャンパスクラブ紹介

OCC紹介

オープンキャンパスリレートーク#13

大友 敬介
名 前:大友 敬介
学 年:4年
学 部:子ども科学部 (現教育学部)
学 科:子ども教育学科 (現教育学科)
出身校:宮城県泉松陵高等学校
OCC部門:誘導
所属ゼミ:白井秀明ゼミ(教育学演習)
取得資格:幼稚園教諭1種免許、保育士資格、児童指導員、初級障がい者スポーツ指導員

OCCリレートークの第13回目は、誘導担当の大友 敬介さんです。

自己紹介をお願いします!

こんにちは!子ども科学部子ども教育学科4年の大友敬介です。
出身校は宮城県泉松陵高等学校です。推薦B方式で受験しました。
趣味はスポーツ観戦とスポーツをすることで、今はラグビーにはまっています。「何事にも全力で!!」をモットーに4年生の今でも学業にサークル活動にバイトに精を出しています。
よろしくお願いします!

大友 敬介

東北福祉大学を希望した理由は何ですか?

私の希望職種が保育士と幼稚園教諭で、東北福祉大学では両方の資格・免許が取得できるというところが魅力でした。短期大学や専門学校でもこれらの資格・免許は取得できますが、4年間かけてめまぐるしく変化をしている保育業界を見つめ、じっくりと保育を学びたいと考えたからです。また東北福祉大学は、とてもボランティア活動が盛んです。大学関連施設の福聚幼稚園では積極的に学生を受け入れ、学ぶ機会を与えてくれます。大学での講義や教科書や本を読むだけではわからないことも、分かるきっかけとなるからです。

大友 敬介

東北福祉大学の魅力は何ですか?

私が一番魅力に感じているのは、教職員の方々の優しさです。ごますりではありません(笑)時には厳しくご指導いただくこともありますが、いつも熱心にご指導してくださいます。ゼミの先生には教育実習中も大変お世話になり、子どもたちと行う遊びの準備や教材研究をお忙しい中にも関わらず手伝っていただき、とてもいい実習となりました。良い意味で距離が近く、なんでも話せる関係です。私の場合そのほかにも、たくさんの先生方や入試センターやボランティア支援課、教務課など学生同士だけではないつながりもあります。今の私があるのは紛れもない大学教職員の方々のおかげだと胸を張って言えます。

大友 敬介

高校時代、受験勉強で苦労したことは何ですか?

私は推薦B方式とセンター試験、一般入試と考えていたので、同時進行で勉強していました。どちらかに偏りすぎるのではなく、バランスを意識しながら受験勉強を行っていました。
面接練習では、担当の先生・部活動の先生・私のことを全く知らない先生・学校1厳しい(と思う)先生・担任の先生の順で5回行いました。どのような面接官でも対応できるようにしました。複数の先生と練習を行ったことで、一番良い対策を立てられるようにしました。小論文対策としては、1つのテーマで5回程度書き、構成力とスピードを養いました。また同じ文章を3名の先生に読んでいただき、評価をしていただきました。
苦労したことは、推薦対策は目に見える結果が出にくく、自分がやっていることが間違ってないか不安になり、焦りと戦っていたことです。しかし周りの友だちと励まし合いながらモチベーションを高めていきました。

大友 敬介

最後に高校生のみなさんにアドバイスをお願いします!!

大学受験は人生にとって大きな選択であり、挑戦でもあります。しかしゴールではなく、一つの通過点です。様々なことを学び、様々な人と出会い、様々な出来事と直面します。それは良くも悪くも自分の経験です。そういった経験ができることが大学生活だと思います。オープンキャンパスではその一部分を知るきっかけとなります。そういう意味から各大学で開催されるオープンキャンパスにぜひ参加してみてください。それぞれの良さや、雰囲気を掴めると思います。その中に東北福祉大学があれば嬉しいです。オープンキャンパスクラブ一同みなさんとお会いできることを楽しみにしています。

大友 敬介

次の「OCCリレートーク」は、誰にバトンタッチしますか?

総合福祉学部社会教育学科4年の千葉絢子ちゃんにバトンタッチします。
OCCだけでなく、チアリーダーでも大学の顔として常に輝いているこの人です!
絢子ちゃん!よろしくね~(o^^o)

大友 敬介