文字サイズ
大学紹介

大学紹介

リエゾンゼミ

リエゾンとは“つながり”。 1年次から将来のキャリアにつながる基礎をつくる。
大学生活を充実させるためには、入学後早いうちからはっきりした目標をもつことが重要です。東北福祉大学では1年次生を対象とする「リエゾンゼミⅠ」を設け、将来のキャリアにつながる学習を行います。リエゾンとは“つながり”のこと。社会でもっとも必要とされるコミュニケーション能力を伸ばす演習や、問題発見・解決能力を養う演習などを通して、社会の一員として広い視野をもち、役割を果たす上で必要な基礎をつくることをめざします。

3人のクラス担任が多面的にサポート。 2年次もアドバイザーとして継続的に支援。
「リエゾンゼミⅠ」のクラスには担任が3人ついています。教員と事務スタッフ、先輩学生の3人体制で1年生をサポートします。 先輩学生はTA(Teaching Assistant)と呼ばれる大学院生またはPM(PeerMentor)と呼ばれる3・4 年次学生です。1年次は相談内容に応じて話しやすい相手を選べます。この3人のクラス担任は2年次でもアドバイザーとして相談に応じ、支援します。 また、2年次の「リエゾンゼミⅡ」では、専門分野の基礎を学び、社会に出て働くためのより具体的な能力開発を行います。1・2年次のゼミと3人担任制は自信をもって社会に出ていくための“ 学びの支援システム”です。

リエゾンゼミを通して、学生・社会人としての基礎・基盤づくりをめざす。
リエゾンゼミでは大学生活および卒業後の職業人生における基礎・基盤となるさまざまなことについて学びます。例えば新入生の皆さんが東北福祉大学に1日も早くとけ込めるためのテーマ( 建学の精神、カリキュラム、学生生活、ボランティア活動など)について理解を深めます。 また、皆さんが講義、ゼミ、研究そのほかの諸活動に意欲的・自立的・効果的に取り組むための基礎となる心構えやスキルを学びます。さらに、社会人そして卒業後の職業人生を意識して、倫理観、社会的責任、態度などについて考える機会とします。