文字サイズ
学部・学科

学部・学科

健康科学部

学部長メッセージ

健康科学部長
新しい時代を開く保健・医療・
福祉専門職の養成をめざして。


健康科学部
学部長 松江 克彦






 人間の幸福な生活の基礎が健康にあることはいうまでもありません。医学の進歩は人間の長寿を実現してきましたが、医療現場では医療倫理、尊厳死の問題など多くの難題を抱えています。すでに超高齢社会となっている我が国では、高齢者医療のあり方が大きな問題になってきています。このような状況において、福祉と医療の融合がますます大きな課題となってきました。
 高齢社会から超高齢社会への移行期であった2006年に健康科学部保健看護学科が創設され、2008年にはリハビリテーション学科、医療経営管理学科が加わり、健康科学部も三学科となりました。いずれも21世紀において我が国が直面している医療の問題を、保健と医療、さらに福祉を含めた3領域の融合を成し遂げることで解決することをめざしています。
 これからの医療形態はますます多様化していくことが想定されています。病院での専門的な医療の細分化はもちろんのこと、地域における訪問看護も増加しています。そして、さまざまな水準における施設ケア、在宅ケア、さらに緩和ケアなどのニーズが著しく増大しています。
 また、医療の質の点においても、医療を受ける人びとの主体性の尊重に基づいた治療や援助が必要とされており、包括的な全人的医療の推進が求められています。その実現のために、東北福祉大学が掲げてきた理念である「行学一如」、すなわち「理論と実践の融合」の考えのもと、専門的な知識と技術を身に付け、豊かな人間性と高い倫理性に裏付けられた感性を培いながら、人間を総合的に判断し、適切に支援できる人材を育成することが健康科学部の役割なのです。そこで本学部では、三つの学科において保健・医療・福祉を支える新たな専門職の養成を行います。
 保健看護学は実践の科学です。従って学生のみなさんは、第一に看護技術を学び、磨き、それを高めていってください。また看護は、サイエンスとアートを統合した健康科学の学問でもあります。そこで、幅広い教養と豊かな人間性を身に付け、周囲の人々と調和のとれた人間関係を築いていくことが大切です。
 リハビリテーション学科は、損なわれた身体活動機能や心理社会的活動の回復・向上を図るための専門的支援を学びます。しかし、本学科では従来の機能回復に目を向けた支援にとどまることなく、全ての人に予防的支援を実践できる高度な知識と技術を備えた21世紀の治療科学におけるスペシャリストの養成をめざします。
 医療経営管理学科では、新しい時代に適合した医療の経済学的観点からの効果的運用、医療のさまざまな側面における安全システムの管理にかかわる人材の育成を目的としますが、保健・医療・福祉専門職として、ますます多様化する医療形態をコーディネートし、管理することができる将来のスペシャリストとしての養成もめざしています。
 みなさんが、それぞれの専門分野における理論と実践を多面的に把握し、人間存在を心から受けとめることができる豊かな感性を備えた、真のプロフェッショナルになることを期待しています。

3ポリシー

アドミッション・ポリシー
 健康科学部は、「看護」、「リハビリテーション」、「医療情報や管理経営」の分野における医療専門職の養成を行っています。その基本姿勢は、福祉のこころを基盤として、子どもから高齢者に至るすべての人の健康を守ることです。そこで本学部では、現代における我が国や国際社会の保健・医療・福祉に関するさまざまな問題に関心をもち、その問題解決のために社会貢献をめざそうとする学生を求めます。そのような医療専門職をめざすうえで、使命感、倫理観、社会的責任感をもち、福祉のこころで人に接することができるように自らの人間性を高めることが期待でき、医学的知識を身に付け、それに基づいた科学的思考と実践能力を向上させることに強い意欲をもち続けることができる学生の入学を期待しています。

カリキュラム・ポリシー

 充実した総合基礎科目とリエゾンゼミによる人間性、社会性、倫理性の涵養を図り、医学・医療にかかわる基礎知識から専門的知識への学びの展開を行い、技術の修得と実践力向上のための豊富な現場実習への融合を行えるようにします。さらに、課題研究などを設けて、応用的思考や創造力の養成を行います。

ディプロマ・ポリシー
 社会人としての一般教養と汎用的能力、人間性、倫理性を身に付け、保健・医療・福祉の専門職にふさわしい知識と実践力を備え、卒業に必要な所定の単位を修得した者に学位を授与します。