文字サイズ
保護者の皆様へ

保護者の方へ

系統別にみた大学学生数割合の推移(学部系統の詳細など)

大学進学率は高水準で推移。

 文部科学省は高校卒業者の進路を①大学等進学者、②専修学校(専門課程)進学者、③専修学校(一般課程)等入学者、④公共職業能力開発施設等入学者、⑤就職者、⑥一時的な仕事に就いた者、⑦その他に分類しています。このうち最も多い①大学等進学者を、さらに大学(学部)、短大(本科)、その他の3項目に分けて、それぞれの占有率をみたものが下表です。
 ①「大学等」への進学者は増加を続け、19年に初めて50%の大台を超え、25年には前年比で若干ダウンしたものの53.2%に達しました。その中でも大学は、全体の47.3%を占めています。これに続くのが、②専門学校(専修学校〈専門課程〉)と⑤就職で、それぞれ17.0%、16.9%の占有率です。
 ここ数年の傾向をみると、占有率を伸ばしているのは大学と就職でしたが、就職は不況の影響もあって、20年をピークにややダウンしています。
 大学が前年比で同じ高い比率を保っているのは、大学新設や学部・学科の増設などでとくに私立大の入学定員が増えていることが大きいといえます。一方、受験生数は減少傾向にあり、その結果、大学の総定員と受験生数がほぼ一致する「大学全入」の時代の到来ともいわれています。ただ、多くの受験生が集まる人気校は相変わらず高倍率の厳しい入試が続いていることは事実です。このことは、資格取得や就職の面でまだ「学歴社会」が残っている表れともいえるでしょう。
キャリア3

学生数と系統別変化。社会科学、工学などで減少

 文部科学省の分類による系統別の在学者の割合を、30年前と比較。当時と比べて、大学などが学部・学科を開設したり募集人員を増やしたりした分野、人気が高かった分野が見えてきます。
 大学で、この30年間で増加が目立ったのは、保健、家政、その他の各系統、減少が目立ったのは社会科学、工学の各系統です。

私立大で新学部が続々誕生。キーワードは環境、生命、医療、看護、子ども…

 私立大は大学数が増えているばかりではなく、多くの大学で学部も増やしています。既存学部の研究内容では、変化を続ける時代の要請に対応できないということでしょうが、学部開設が簡素化されて届出だけで済むケースも生まれたように、システム上の改革にも原因があるとみられます。
 学部に関しては、その数が増えたばかりでなく、名称もかつてみられなかったような新しい学部名が次々と生まれました。一昔前に社会の国際化、情報化に伴い国際、情報を冠した学部名が登場して、当時は新鮮な響きがあったのですが、今やそれも当たり前のものとなってしまった感があります。
 ここ数年で目立つのは、環境、生命、医療、健康、人間、政策、現代といったキーワードです。
キャリア5
学部系統区分
 多様化・ボーダレス化する社会構造の変化にともない、絶えず新しい学問領域が誕生しています。
興味ある学問や学びたい分野、最適な学問を探してみましょう。
キャリア6