文字サイズ
保護者の皆様へ

保護者の方へ

自立した学生生活をかなえる「奨学金制度」

 せっかく合格できたのに生活が苦しくなったり、アルバイトばかりしていたのでは本末転倒です。
 下記では「日本学生支援機構」の奨学金制度や「国の教育ローン」を紹介しています。
 また、その他にも進学する「学校独自の奨学金」をはじめ「地方自治体の奨学金」や「民間企業や団体の奨学金」などの奨学金、郵便貸付・年金教育貸付などの「公的ローン」、JAや銀行の「民間ローン」などさまざまな進学資金のバックアップ手段があります。

日本学生支援機構

 日本学生支援機構は、無利子の「第一種奨学金」と、大学卒業後に年3%を上限とする有利子の「第二種奨学金」の二種類を扱っています。どちらも返還義務がある貸与型ですが、応募条件の家計・学力基準が比較的緩やかなことから、代表的な奨学金となっています。
学力基準
第一種奨学金高校2・3 年(予約採用の場合1・2 年)の成績が3.5 以上
第二種奨学金高校などの成績が平均水準以上など
申込み方法
予約採用進学前の場合は、進学予定の前年に在籍する高校に申し出る
在学採用進学後は毎年春に募集を行うので、在籍する大学・短大・専門学校に申し出る
区分自宅通学者自宅外通学者
第一種奨学金(無利子)国公立大・
短大・
専門学校
30,000円
45,000円
30,000円
51,000円
私立大30,000円
54,000円
30,000円
64,000円
私立短大・
専門学校
30,000円
53,000円
30,000円
60,000円
在学採用3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選べる。私立大の医・歯・薬・獣医課程については12万円を選んだ場合のみ、医・歯学部課程4万円、薬、獣医学部課程2万円を増額できる。

教育ローン

 日本政策金融公庫が行っている国の教育ローンは人気があります。所得制限がありますが、学生1人につき融資限度額は300万円、利率は2.35%(母子家庭の場合は年1.95%)です。(平成25年11月現在)返済期間は15年以内で、交通遺児家族や母子家庭は18年以内です。このほか郵貯貸付、年金教育貸付も利用することができます。