文字サイズ
入試情報

入試情報

推薦入試A方式(専門課程推薦)

インターネット出願前・ダウンロード書類

  • 志望理由書
  • 推薦書

    ※その他の提出書類である出願確認票および写真票は、推薦入試A方式の出願期間中に、インターネットより個人情報等を登録し、検定料をお支払いいただいた後にダウンロードし印刷ができます。

出願資格

下記の1の出願資格を有し、出身高等学校長もしくは中等教育学校長が推薦した者。かつ、本学への進学が第一希望の者で2と3を満たす者。
  1. 平成28年3月に高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、および平成29年3月卒業見込みの者。
  2. 出身高等学校もしくは中等教育学校の評定平均値が3.5以上の者。
  3. 「福祉」「商業・情報」「保育(家庭)」「看護」に関する科目を6単位以上修得(修得見込みも含む)した者。
  • 総合福祉学部を出願する場合は「福祉」「保育(家庭)」に関する科目を6単位以上修得(修得見込みも含む)した者。
  • 総合マネジメント学部・健康科学部医療経営管理学科を出願する場合は「福祉」「商業・情報」に関する科目を6単位以上修得(修得見込みも含む)した者。
  • 教育学部を出願する場合は「福祉」「保育(家庭)」に関する科目を6単位以上修得(修得見込みも含む)した者。
  • 健康科学部保健看護学科・リハビリテーション学科を出願する場合は「福祉」「看護」に関する科目を6単位以上修得(修得見込みも含む)した者。

推薦入試A方式定員(専門課程・同窓生等推薦共通)

学科推薦
社会福祉学科
20
福祉心理学科
10
福祉行政学科
10
産業福祉マネジメント学科
10
情報福祉マネジメント学科
10
教育学科初等教育専攻
7
教育学科中等教育専攻
2
保健看護学科
3
リハビリテーション学科作業療法学専攻
2
リハビリテーション学科理学療法学専攻
2
医療経営管理学科
6
合計
82

日程

【出願期間】
平成28年10月24日(月)~10月31日(月)〔書類提出締切日〕11月1日(火)16時必着
学部・学科選考日合格発表日
社会福祉学科
平成28年
11月5日(土)
平成28年
11月11日(金)
福祉心理学科
福祉行政学科
産業福祉マネジメント学科
情報福祉マネジメント学科
教育学科初等教育専攻
教育学科中等教育専攻
保健看護学科
リハビリテーション学科作業療法学専攻
リハビリテーション学科理学療法学専攻
医療経営管理学科
手続期限日
平成28年12月2日(金)

科目の例示

時間内容
福 祉社会福祉基礎、介護福祉基礎、コミュニケーション技術、生活支援技術、
介護過程、介護総合演習、介護実習、こころとからだの理解、福祉情報活用 など
商業・情報ビジネス基礎、ビジネス実務、マーケティング、ビジネス経済、情報処理、
ビジネス情報、プログラミング、ビジネス情報管理、情報産業と社会、
情報の表現と管理、情報と問題解決、情報テクノロジー、
アルゴリズムとプログラム、ネットワークシステム、データベース、
情報メディア、情報デザイン など
保 育(家庭)子どもの発達と保育、子ども文化、生活と福祉 など
看 護基礎看護、人体と看護、疾病と看護、生活と看護、成人看護、
老年看護、精神看護、在宅看護、母性看護、小児看護、
看護の統合と実践、看護臨地実習、看護情報活用 など
(注)例示した科目と名称が異なり不明な場合は、本学入学センターにお問い合わせください。

出願書類

  • 出願確認票(インターネット出願後、ダウンロード)
  • 推薦書(ダウンロードもしくは「入試ガイド2017」巻末 を使用し出身校に依頼、開封厳禁)
  • 調査書(出身校に依頼、開封厳禁)
  • 志望理由書(ダウンロードもしくは「入試ガイド2017」巻末)
  • 写真票(インターネット出願後、ダウンロード)
  • 受験(修学)配慮希望票(該当者のみ提出)

選考方法

○書類審査
 出願確認票・推薦書・調査書・志望理由書などで総合的に判定します。
○小論文
 テーマ型(60分・600字)。過去の小論文論題をみる
○面  接
 2対1の個人面接で15分前後、志望理由や活動内容などについて質問します。

選考会場

仙台(本学 国見キャンパス)

検定料

30,000円

受験Q&A

推薦入試A方式の第二希望で、他学部を希望することはできますか?

推薦入試A方式の第二希望は、他の学部・学科・専攻でも構いません。ただし、専門課程推薦で出願する場合、第二希望は出願資格を満たした学科・専攻のみ可能となります。

推薦入試で出願確認票は合否にかかわってくるのですか?

出願確認票にある自己PRの欄が書類審査の評価対象となります。

推薦入試の面接の際に、自己アピールとして楽器を演奏することは 可能でしょうか?

AO入試(第一次選考)の面接では、自己アピールすることができますが、推薦入試の面接では、楽器などを持ち込んでの自己アピールはできません。

現在、専門学校に通っていますが、推薦入試を受験することは可能で すか?

受験可能です。出身高等学校長もしくは中等教育学校長の推薦書が必要です。(入学試験要項を確認してください)

推薦入試で不合格になった場合、一般入試の受験はできますか?

一般入試で受験できます。推薦入試で不合格になった場合、一般入試を受験し合格した人はたくさんいます。また、出願資格に該当していればすべての入試に出願できますので、最後まであきらめないでチャレンジしてください。

推薦入試は指定校制ですか、それとも公募制ですか?

本学の推薦入試は公募制です。したがって、出願資格を満たしていれば、1校から何人でも受験できます。指定校推薦制度は実施していません。(入学試験要項を確認してください)

推薦入試を考えていますが、他の大学の入試も受験できますか?

本学の推薦入試は「専願制」です。他大学のAO入試・推薦入試と同時併願は認めておりません。合格した場合は必ず本学に入学していただきます。ただし、本学の推薦入試で不合格になってしまった場合には、他の大学のAO入試や推薦入試を受験しても構いません。