文字サイズ
学部・学科

学部・学科

リハビリテーション学科:概要

概要

 「作業療法学」と「理学療法学」の2専攻を設置し、従来の機能回復に目を向けた支援にとどまることなく、予防福祉を実践できる高度な知識と技術を備えた21世紀の治療科学のスペシャリストとして、作業療法士、理学療法士の養成を目指します。また附属病院の「東北福祉大学せんだんホスピタル」や「特別支援教育研究室」「老人保健施設せんだんの丘」などの関連施設と連携し、より実践的に学んでいくのも本学の特徴となっています。
リハビリテーション学科

取得できる資格

3ポリシー(作業療法学専攻)

アドミッション・ポリシー
 人の生活を支援することから傾聴する姿勢や親しみやすい人柄などの人間性と、高い責任感、使命感、科学的思考や探求心をもった学生を求めています。入学後、医学的知識基盤をもつ必要性から生物などの理系科目をしっかり学ぶ姿勢のある学生の入学を期待します。

カリキュラム・ポリシー

 1年次は幅広い教養と人間性を培うためのカリキュラムが組まれており、学年が進行するなかでリハビリテーションの基本的理念、基礎・臨床医学、作業療法の専門知識と技術を修得します。1000時間余りの臨床実習を経験するなかで作業療法士の国家資格を取得するための基礎を固め、これらのカリキュラムを通して専門職・医療人としての技術と知識さらには態度を修得します。本専攻のカリキュラムは国内教育基準ばかりでなく世界作業療法士連盟(WFOT)の教育基準を遵守して組まれており、国際的にも活躍できる人財の育成を図ります。

ディプロマ・ポリシー
 卒業時までには医療専門職としての知識と実践力を培い作業療法士国家資格の受験資格を得るとともに、卒業後に専門職として活躍できる実践力と自己研鑽するための研究能力を有する学生に学位を授与します。

3ポリシー(理学療法学専攻)

アドミッション・ポリシー
 ヘルスケアを担う専門職として高度な知識と技術を修得するため、科学的探究心、協調性、使命感をもった学生を求めており、生物・物理・化学の基礎知識を有する人、コミュニケーションをとり人間関係がつくれる人、入学後も自己研鑽ができる学生の入学を期待します。

カリキュラム・ポリシー

 1年次、2年次には幅広い教養と人間性を身に付け、リハビリテーションの専門職としての基本的な知識と技術を獲得できるよう総合基礎科目、リエゾンゼミを含めた専門基礎科目を中心に学びます。2年次、3年次では疾病や障害論,健康増進や疾病予防について科学的な根拠に基づいた理学療法評価や治療プログラムを立案し、臨床実習において活用・応用ができるように専門基礎科目、専門基幹科目を学びます。また、研究法や卒業研究を通し学習課題や目標を設定し、創造的思考力や自己研鑚力を身に付けます。各学年に配置された臨床実習は、学内教育の実践の場として有機的に配置されています。

ディプロマ・ポリシー

 社会人としての一般教養、人間性や倫理性を身に付け、また保健・医療・福祉におけるヘルスケアを担う専門職としての知識と技術を学び、卒業に必要な所定の124単位以上修得した者に学位を授与します。