文字サイズ
学部・学科

学部・学科

保健看護学科:科目紹介

基礎看護学Ⅰ

看護ではどのように対象者を理解し、どのように看護を実践していくのかについて、おもに看護に共通する基本的な技術と、日常生活を援助する看護技術に関する講義・演習を通じて学びます。その看護を必要とする対象者を理解し援助の意味を考えること、どのような方法が適切かを根拠に基づいて考えること、グループで計画を立て実習室で実施すること、を通じて基本的な技術の修得を目指します。また、時間内に修得できる技術は限られますので、講義・演習前後の自己学習および自己演習に取り組み、自ら学んでいく力を養うことを目指します。 

看護学概論

看護とは何か。看護学とは何か。看護学を初めて体系的に学ぶ初学者が、看護とはどのようなものかを考察し、今の段階での自分の看護観をもつよう学習します。また、看護の基礎となる考え方を学び、看護の機能と役割を理解することを目的とします。また、看護の定義、看護の歴史、看護理論、看護倫理を学び、社会の中でのヘルスプロモーターとして保健、医療、福祉に貢献できるような人としての在り方や、全人的ケア、専門的ケアの必要性について学習します。 

小児看護援助論

小児看護援助論は、こどもと家族を看護の対象とした日常生活援助を学び、具体的な技術について演習を通じて習得し、また、小児期に多くみられる症状のアセスメントと対症看護についても理解し、検査・処置を受けるこどもの看護について学習していきます。演習は、ロールプレイ(看護師・こども・家族役など)や医療モデル人形を用いた体験学習およびグループワークで行います。 

小児看護学概論

小児看護学概論は、こどもと家族の看護の基本について学ぶ科目です。講義は、毎回、講義内容と国家試験の過去問題を結びつけて復習を行うなど看護師国家試験対策はもちろんのこと、実習で必要な技術を身につけられるように演習も充実させています。学生が主体的に発表する機会もある楽しい雰囲気の科目になっています。

公衆衛生看護援助論Ⅰ

この授業では、公衆衛生看護実践における看護過程、相談的対応技術、教育的対応技術、ケースワーク技術について学習します。具体的には、家庭訪問、健康相談、健康診査、健康教育で用いる理論と技術についての講義を行います。そして紙上事例を用いて支援計画を立案し、支援を実施し、評価するという演習を行います

公衆衛生看護援助論Ⅱ

この授業では、地域を対象とした看護過程の概要、地域診断についての理論と方法、公衆衛生看護活動の計画立案の方法についての講義を行い、それを踏まえて地域診断及び公衆衛生看護活動の計画立案に関する演習を行います。

老年看護学実習Ⅰ

老年看護学実習Ⅰでは、老年期を生きる人々の特徴を知り、健康障害のある高齢者とその家族を対象とした看護に必要な知識・技術・態度を修得するとともに、高齢者の顕在的・潜在的能力を理解しその人らしい生活を支援する看護を考えることを目的とします。
(課題学習発表会)
(学内技術演習)

BLS:一次救命処置

真剣な眼差しで1次救命処置(BLS)の練習を行っているのは2年生です。学生全員が、シミュレータを使い、心臓マッサージ、人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)を実際に体験することで、使える技術の習得を目指します。講義だけでは救命処置の理解や手順を身につけることは難しく、実際に行ってみることが大切です。心臓マッサージは、手をどの位置に置けばよいか、AEDのパットはどの部位に装着すればよいかなどを、1年生で学習した体の仕組みの知識をもとに演習を行います。

精神看護援助論Ⅰ

精神障がいをもつ人の精神状態を評価し、精神症状が及ぼす日常生活についてアセスメントし、援助の方向性を見出す方法について習得していくことを目指します。また、精神障がいをもつ人に対して信頼関係を築き、効果的な援助をしていくためのコミュニケーション力を養います。さらに、退院支援や地域生活支援のための看護のあり方を学びます。これらの学びを通して、精神障がいをもつ人の生活を支えるために、看護師はどのような役割とはたらきをするのかを学んでいきます。

人体の構造と機能

人間の一生には、誕生、成長、病み、老い、死という過程があります。生物の構造を部分に分解して、それぞれがどのような役割を果たしているのか、また相互作用を理解することが重要です。その上で病態や、その診断、治療に関して学習する際に必要な知識、考え方を身に付けます。

国際・災害看護論

日本の文化とは異なる文化的背景をもつ人びとへの看護と、災害時の看護について考える機会を提供します。健康の問題、自然環境の問題、人権の問題。それらが国境を越えて人類共通の課題になっていることを理解し、地球規模で活動できる看護職の資質について学びます。 

慢性病者看護論

慢性疾患、障がいとともにある人の看護について、理論と看護の役割・機能について講義と課題学習から学びます。各種慢性病の病態と内科的治療について理解し、慢性疾患のある患者の診断・治療過程に沿って、看護の必要性を理解します。さらに看護的視点から疾病・障がいを理解する方法を学びます。

在宅看護論

在宅で病気や障がいを抱える療養者本人、支える家族がいかにその人らしい生活を実現させていくか考え、協働できる看護職者を育成します。在宅において看護を実践するための知識・技術、地域の保健・医療・福祉の関係機関との連携をはかる上で必要となる力を身に付けます。

統合実習

各自のテーマをもって統合実習を行い、成果を論文としてまとめます。この一連の過程を通して看護の統合をはかり、看護の現象から研究テーマを探索・追求する能力を養成。自己の課題を論理的に明確にすることで実践的能力を高めるとともに、人間理解を深め、看護の可能性を広げる視点を養います。