文字サイズ
学部・学科

学部・学科

保健看護学科:概要

概要

 高度な医療の知識と、技術、そして経験が、優秀な看護師には必要です。本学科では、高度専門職業人養成に力をいれ、実習をとても重視しています。実習では対象者の人体に直接触れることの重み、責任を熟慮することを大切にします。生命の尊厳について考え、生活を営む人格を持った人=“生活者”に対するアプローチとして専門的な知識と技術を学びます。これには、自立した、主体的な学習が欠かせません。そしてこの主体的な学習こそが、生涯専門職として成長していける人の基礎を築きます。1年次のうちから豊富な実習体験を重ねること、今の医療現場に順応できる人材を育てていきます。
社会福祉学科

国家試験対策に向けてのバックアップ体制が充実

国家試験全員合格に向けて、学生と教員の国家試験対策係が連携しながら、学科全体として国家試験対策を行っています。
4年次には国家試験受験に特化した学習会や講習会、メンタルヘルスの研修会を開催するほか、学生が主体的に学習できるように、学習室等の環境を整えており、学生1人に教員2人体制で、決め細やかに、学生一人ひとりの学習方法や心理的なサポート等個別支援を行っています。
また、低学年から看護師国家試験模擬試験を導入し、国家試験受験を意識し、主体的に学習に取り組む姿勢が身につくように、日々応援しています。

取得できる資格

看護師国家試験受験資格
保健師国家試験受験資格
・養護教諭二種免許状※
・衛生管理者免許※
防災士
※卒業後、看護師・保健師免許を取得すると、申請により取得が可能です。

3ポリシー

アドミッション・ポリシー
 ヒューマニティやノーマライゼーションを基本に、「生命の尊厳」「人としての尊厳」を基盤として、すべての人を対象に、ヒューマンケアの思想を保健・医療・福祉の現場で実践できる能力を身に付けようとする学生の入学を期待します。

カリキュラム・ポリシー

 国家資格の看護師、保健師に必須な科目構成を基礎として、
  1. 充実した総合基礎科目と早い段階からの実習の導入
  2. 習熟度に合わせて今日的な看護現場問題などを取り上げる展開看護学
  3. 福祉科目の履修やボランティア活動の推奨により、人間生活への理解や援助精神の涵養
  4. 全学共通カリキュラムとしてのリエゾンゼミを通して、医療専門職としてのキャリアマインドの確立や、自立性、主体性、協調性の向上を図るカリキュラムとしています。
ディプロマ・ポリシー
 医療専門職としての知識と実践力を備え、社会生活に必要な汎用的能力を身に付け、所定の授業科目において卒業に必要な単位を修得した者に学位を授与します。