文字サイズ
学部・学科

学部・学科

医療経営管理学科:教員メッセージ

学科長メッセージ

医療経営管理学科長
医療経営管理学科 学科長:教授
舩渡 忠男
PROFILE ふなとただお[2008年赴任]
ICD(インフェクションコントロールドクター)認定、認定臨床検査医、認定健康食品管理士、認定臨床化学士、認定産業医
専門分野:臨床検査医学、感染制御学、遺伝医学、医療経済学
主な著書:共著『臨床検査技師ポケットレビュー帳』、共著『事例で学ぶ一般健診・特殊検診マニュアル』、共著『緊急対応ガイドブック』ほか
医学・経営学・情報学を総合的に学ぶことで、時代が求める新たな専門的な医療事務職像を構築。
医学と情報学を学び、チーム医療に参加する事務職に。

 病院で働いているのは医師や看護師だけではありません。多くの職種のスタッフが患者さまの診療にあたっており、診療を支える医療事務職は重要な仕事です。医療事務においては医療情報を扱うため、医学と情報学の知識が必要となってきます。医療経営管理学科では、医学や情報学の充実したカリキュラムによって、「診療情報管理士」だけでなく、さらに医師や看護師の仕事を補助していく新しい医療事務職の育成をめざしています。

医療機関全体をマネジメントできる人材に。
 これからの医療機関には、企業と同じように組織全体をマネジメント(経営管理)する能力が求められています。また、医療の質を向上させるには、医療が安全に行われ患者さまが安心して医療を受けられるシステム作りが大切です。とくに、診療情報を扱うカルテは現在多くの病院で電子化され、情報技術の知識なしには医療情報を管理していくことはできません。これらを担うのが「医療情報技師」と「診療情報管理士」の資格をもった人材であり、これからの医療現場には欠かせなくなります。

福祉の総合大学ならではの学びがある。
 東北福祉大学では、これまで福祉関連の学科を卒業した多くの人材が医療や福祉の現場で活躍しています。東北福祉大学の総合的で豊富なカリキュラムの中で、医療経営管理学科の専門分野を学ぶことは、医療機関だけでなく、福祉・保健機関における経営管理(マネジメント)にも大いに役立つことでしょう。さらに医学・経営・情報の知識を専門的に身に付けることで、医療系に詳しい人材を求める企業や行政機関などさまざまな分野での活躍が期待されます。

教員メッセージ

根岸直樹
医療経営管理学科 教授
根岸 直樹
PROFILE ねぎしなおき[2004年赴任]
専門分野:感性科学、予防科学、健康科学
主な著書・論文:共著「カウンセリングエステ健康サービスの実践と展望」「ハイブリッド人工臓器」ほか
材料免疫学の研究や皮膚科形成外科での経験をベースに、文理融合的な観点から教育・研究を進めている。
医学・経営学・情報学の文理融合的な学びを進める。
境界領域のテーマを取り上げ、問題の本質を掘り下げる。

 健康科学部の医療経営管理学科は文理融合的な色彩の強い学科です。私のそもそもの専門は材料免疫学になりますが、その後の経歴の中で皮膚科形成外科に携わった経緯もあり、診療情報管理士や医療情報技師として病院や保健・医療機関で働く際に不可欠な医学に関する知識、とりわけ「臨床医学各論Ⅷ」の講義では皮膚科形成外科にかかわる部分の授業を担当しています。また、「医薬品学」という授業では、薬理学や薬剤学を基礎に、医薬品の相互作用や副作用、アレルギー、医薬品と臓器・組織への標的指向性の基礎などを講義し、医薬品登録販売者の資格取得につなげています。
 ゼミでは、医学・経営学・情報学の境界領域を扱う学科としての特性を意識しつつ、時事的に話題となった化粧品による被害や子宮頸がんワクチンの問題、食物アレルギーの原因といったテーマを取り上げ、問題の本質を学生とともに掘り下げています。

幅広い学びの先には、さまざまな進路の可能性がある。
 本学科の学びは、医学や情報学などの自然科学分野から経営学といった社会科学分野までをカバーする幅広い内容となっており、そうした学びの先に、医療系のさまざまな資格取得の道が用意されています。卒業後の進路についても、病院や医療施設のみに限定せず、たとえば医用器材販売の医療系企業など、その可能性について幅広くとらえてみるのもいいのではないでしょうか。また、本学科での幅広い学びを土台として、本学大学院の総合福祉学研究科に進学し、医療的ケアの領域等でさらに専門性を深める学生が生まれることを、私個人としては期待しているところです。

教員メッセージ

河村 孝幸
医療経営管理学科 准教授
河村 孝幸
PROFILE かわむらたかゆき[2003 年赴任]
専門分野:健康・スポーツ科学
主な著書:共著『心臓リハビリテーション』、共著『腎臓リハビリテーション』、共著『積極的健康・社会サービスの構想―フィンランド・モデルとの対話―』ほか
医療情報の管理のあり方を現場の視点から考える。
医療現場で実際に見聞きし感じたことをベースに。

 医療経営管理学科では、「医療」「経営」「情報」を3つの柱にカリキュラムが構成されています。私の担当は主に「医療」の分野。専門である健康・スポーツ科学の視点から人間の体の仕組みについて解説しているほか、宮城県内の病院のリハビリテーション科に現在も籍を置き、より近い場で患者さまに接している経験をいかして、医療現場で実際に見聞きし感じたことを学生たちに伝えています。病院では一人の患者さまについて、さまざまな部門がそれぞれに情報をもっています。現在多くの病院で紙のカルテから電子カルテへの移行が進んでいますが、電子化による情報の共有によって、医療の質は今後どう変化していくのか、そして患者さまにはどんな利益がもたらされるのかを、現場の視点を交えながら考えることも重要なテーマです。

医療機関、民間企業や行政など幅広い活躍のフィールド。
 診療情報等の分析を行い、医療の質の向上や経営改善に役立つデータを作成する診療情報管理士には、情報収集や情報処理能力はもちろん、医師や医療スタッフとの情報共有、コミュニケーションなどにより、現実的に問題を解決していく力も必要とされます。また、日進月歩の医療の世界にあって、変化に機敏に対応し業務を遂行するには、日々の勉強も不可欠です。大学では幅広い学びの機会が提供されていますが、何事にも興味を持って学ぶ姿勢を身に付けて、将来に備えてほしいと思います。
 本学科の卒業後には、医療機関、民間企業や行政など幅広い活躍のフィールドが待っています。診療情報管理士といった資格を土台に、コミュニケーション能力や問題解決能力、豊かな人間性を磨き、情報管理技術を駆使し、医療現場に貢献できる人材をめざしてください。

教員メッセージ

山口 政人
医療経営管理学科 准教授
山口 政人
PROFILE やまぐちまさと[2000年赴任]
専門分野:生物資源科学、生物化学、微生物学
主な論文:共著「 Sensitive assay of sulfite in environmental samples byN-(9-acridinyl)maleimide(NAM) fluorometry」、 共著「Determinaitionof metallothionein by HPLC with N-(9-acridinyl)maleimide」ほか
多様な価値観と出会いの宝庫、大学で生涯の目標を探る。
医療に関わる幅広い知識とコミュニケーション能力を磨く。

 医療経営管理学科を志望する皆さんは、将来病院や保健・医療機関で医療経営、医療情報などに携わりたい人が多いと思います。この業界の特徴は、職場に医師、看護師、薬剤師など「国家資格」を有した人が多いこと。それら医療スタッフをサポートしながら経営に携わる事務局側は、スタッフの能力を理解しながら、取り扱う医薬・医療材料の特徴や価値を把握しなければいけません。病院のすべての部署の仕事内容、部材に精通することで経営管理の能力があるとされるのです。そのために医学・医療、経営学、情報学の専門分野についてしっかり基礎と応用を勉強する必要があります。
 また忘れてはならないことがあります。それは、何のための、誰のための経営管理かということです。医療サービスの送り手、受け手、全員が幸せにならなければいけません。

研究は自分の気付き力を磨く場。それが自己を成長させる原動力に。
 私のゼミは2年次に身のまわりの「環境」を健康と安全の視点から調査するフィールドワークからはじまり、普段は気付かない小さな変化にも目を向けます。大切なのは五感を働かせ「不思議だな」「なんだろう」という気付きの感覚力を磨くこと。ここから研究目的が生まれます。4 年次にはまとめの作業に入りますがゴールが何であるかを考えるようになります。しっかり検証したつもりでも自分の知識と能力の不足に気付き、そこからがむしゃらに頑張るのです。この気付きこそ成長した証し。良い成果を上げるための価値あるプロセスといえます。大学での勉強はすぐ結果にあらわれるものではないと思います。社会に出てから、自分の中で形になっていきます。大学時代は失敗を恐れずに何事にも挑戦する気持ちが大切です。新しい出会いを経験する中で、あせらず自分の生涯の目標を見つけてください。