文字サイズ
学部・学科

学部・学科

医療経営管理学科:概要

概要

医療経営管理学科とは
「診療情報管理学を学ぶ」

実践的な対応力のある人材育成

 医療経営管理学科で養成する医療事務職は、医療機関における実践的な対応能力のある人材育成を掲げています。医療事務における診療情報管理は、日常診療の質の向上や医学研究への必要性から重要性を強く求められているため、医療経営管理学科は現在の医療、福祉、健康分野の動向に着目して、医学、情報学、ならびに経営学の専門的知識、技術を修得し、「診療情報管理士」の認定試験を受験することとしています。

診療情報管理を学ぶ
 医療の高度化に伴い医療事務の役割はますます重要となっており、誇りある職種として生涯教育の認識に努めています。 日本ではまだ、充実した診療情報管理室を持ち活用している病院は少なく、医療情報化時代に伴って、診療情報管理士による精度の高いカルテ管理に基づくデータの収集、分析が、病院の経営管理にとって大変重要となっています。今後、医療情報の開示(カルテ開示)時代に向けても、診療情報をきちんと管理し、マネジメントできる専門職を保健・医療・福祉機関は求めています。

医療情報学を学ぶ
 医療情報技師は、保健・医療・福祉の一員として、医療の特質をふまえて、最適な情報処理技術にもとづき、医療情報を安全かつ有効に活用・提供することができる知識・技術および資質を有する専門職です。
 医療情報技師は、診療業務に関わる保健医療福祉情報システムの企画・開発および運用管理・保守を日々の仕事とし、保健・医療・福祉の現場を良く知り、そこで活躍することができる情報処理の技術者です。そのためには、情報処理技術のみならず、医療情報システムに関する知識と保健・医療・福祉のあらゆる分野の業務と関連知識を修得する必要があります。
 医療情報技師になるためには、認定試験をパスすることが要件ですが、多岐にわたる知識や技術を修得するには、医療経営管理学科におけるカリキュラムと良く合致しております。さらに、基礎知識の上に、保健・医療・福祉機関での実習による実務経験が必要です。

カリキュラムの特色

 医療経営管理学科では、医学一般の知識、医療経営の知識、情報科学の知識と技術など広範囲の領域を4年間で学びます。特に医療系の専門科目が厚く、さらに医療経営の専門科目も充実しており、医療機関で活躍できる知識およびコミュニケーション能力を十二分に学ぶことができます。
 また、インターンシップや医療機関実習などによって将来的には新たな医療サービスの企画や病院経営を担い、病院経営の中核となり得る人材づくりをめざします。
社会福祉学科

3ポリシー

アドミッション・ポリシー
東北福祉大学の教育理念に共感し、医学医療・経営学・情報学に興味があり、現代における保健・医療・福祉のいろいろな課題に関心をもち、その問題解決に積極的に貢献しようとする学生の入学を期待します。

カリキュラム・ポリシー
 社会人基礎力育成と医療人を育てるチーム基盤型学習(Team-Based Learning; TBL)を実践するため、積極的に授業に参加する場としてのグループ学習を活用したカリキュラム(教育課程)を編成しています。自分の専門分野を超えて、一般教養、外国語など、幅広く関心のある科目を履修することを奨励しています。

ディプロマ・ポリシー
 社会生活に必須となる汎用的な能力としての総合力を身に付け、卒業に必要な所定の授業科目と単位数を修得した学生は、卒業が認定されます。温かい人間性と幅広い教養を身に付け、保健・医療・福祉の専門職として、チーム医療を基盤とした社会力を発揮できる人材に対して学位を授与します。