文字サイズ
学部・学科

学部・学科

福祉心理学科:科目紹介

心理学演習Ⅰ

社会心理学の研究分野は、社会的認知、対人行動、集団行動など多岐にわたります。この演習では、社会心理学の具体的な研究事例を学ぶことを通して、社会心理学の基礎知識を身に着けることを目指します。また、日常生活において生じる様々な心理学的疑問について、社会心理学の研究手法を用いて検討するスキルを身に着けることを目指します。 

心理学演習Ⅱ

ロールプレイを通して、言語的・非言語的アプローチのポイントを身につけます。ケースを作成することで、人間の心理的世界の複雑さを理解し、援助が的確に行うことができるように経験をつんでいきます。また、自分の心理的動きについても理解を図り、グループごとに、対応についてのディスカッションを行っていきます。  

福祉心理学

「福祉」とは、人々が属する社会の中でその人らしさを発揮しながら豊かで充実した生活を送れるよう支え、支援する営みであると考えられます。そして、そのためには、人についての心理的な理解と支援に基づく関わりが必要不可欠です。本講義では、以上の観点に立ち、心理学の基礎的な理論の中で「福祉」に関連する内容について概観していきます。

健康心理カウンセリング実習

健康心理アセスメントと健康心理カウンセリングに関する実習を行います。アセスメントにおいては、健康心理相談や介入、治療効果の測定等に用いる諸技法についての実習を含みます。カウンセリングにおいては、カウンセリングの基本的技法を理解した上で、認知行動カウンセリング、交流分析、自律訓練法、ブリーフセラピー等の技法を組み合わせて介入・指導できるための実習を含みます。

心理学研究法Ⅰ

福祉心理学科に所属する2年生全員が受講する講義です。「こころ」という眼に見えない存在に近づくための方法を、様々な視点から学びます。人間の行動を外から見て捉える観察法、会話を通して相手を理解していく面接法、心理検査を用いて心の状態を客観的に推定する検査法といった、各種の心理学的方法論について、実習を通して会得していきます。実際に学生同士で話しをしたり検査を実施したりすることが含まれますので、積極的な参加が求められます。福祉心理学科ならではの授業・実習の一つといえるでしょう。

福祉心理学特講(犯罪非行心理学)

犯罪・非行とは何か、どう理解して処遇して行くのかを、実務家の視点で学びます。併せて犯罪・非行の時代的推移や現代型非行の特徴、人が犯罪や非行に至る要因,捜査や裁判、処遇を担う機関の機能や連携、被害者心理についての理解も深めます。これらの学習が福祉や教育の現場にも応用できるよう、視聴覚教材を活用したり,理論に関連した事例を引用して解き明かします。

健康教育概論

私たちは常に健康でありたいと望んでいますが、その一方で「時間がない」とか「めんどうである」など様々な理由により、適切な健康行動を取っていないことが多くあります。この授業では、健康心理学から得られた「健康の維持、増進、病気の予防」に関する多くの知見をいかにして広め、実践してもらえるかを考えていきます。また、健康を絶対的に捉えるのではなく、相対的に理解すること、すなわち、人生の様々なライフサイクルや、その時、その人が置かれた状況で、健康観が異なることを理解します。 

生涯発達心理学各論

人間は、自分がおかれた環境によって行動や考え方が変化し続けるものです。環境によっては自分らしくない行動になったり、周囲の人とうまくいかなくなったり、自分を押さえすぎてストレスがたまったりもします。この講義では、主に人間の攻撃性や愛他性に注目しながら、幼児から高齢者までのさまざまな対象に対してどのような心理的な働きかけが可能なのかを考えていきます。

心理学実験

9個の実験に実験者や被験者として参加、データを分析・解釈し、レポートを作成する事を通して心理学における科学的な測定法を学び、人間の意識や行動について客観的に考察することができる心理実践力の修得をめざします。

臨床心理学

臨床心理学の歴史、精神医学との関係、さまざまな治療過程で発生する可能性のある諸問題を学びます。さらに、心理的評価法や心理療法の諸技法について理解することを通して、援助場面における心理学実践力の修得をめざします。