文字サイズ
学部・学科

学部・学科

福祉心理学科:概要

概要

 福祉や教育の対象者は人間ですから、相手を深く理解することが不可欠です。本学科では人間理解の能力を持った実践者の養成を目指し、人間を科学的に理解する力を育てることに重点を置いています。
 1・2年次は心理学の理論と方法を幅広く学び、3年次には興味・関心の方向にそって「臨床心理学の分野」「発達心理学の分野」「社会・環境・犯罪心理学の分野」のいずれかを中心に学習を深めていきます。
 卒業後は、社会のさまざまな現場で、人の心を理解しそれに沿った援助ができる人材として、大いに活躍を期待しています。また、さらに勉強を続け臨床心理士や臨床発達心理士を目指す人のために、大学院福祉心理学専攻課程への道も開かれています。

コース紹介

【臨床心理履修コース】
 臨床心理学コースは、主に将来「人間の心の問題を扱い解決する仕事」をめざす受講者が対象です。さまざまな心の悩みを抱えた人びとに対して援助やサポートを行う為の基本的な「理論」や「技術」および「研究方法」を学びます。

【生涯発達心理履修コース】
 環境のさまざまな影響を受けながら人間が成長し、変化していくプロセス全体が「発達」です。その意味では生涯にわたり発達は続くものです。発達心理履修コースでは、生まれてから死ぬまでの発達についての法則性を把握するとともに、発達するなかで生じる個々の問題に応じたさまざまな心理的援助の方法を探っていきます。

【社会心理履修コース】
 「人間の行動は人と環境との相互作用によって決定される」といわれます。例えば色・空間など、私たちは周囲の環境によって、快・不快を感じたり、仕事の効率などにも影響を受けているのです。さらに、人・家族・社会・文化なども環境として私たちの意識や行動に影響をおよぼしますし、同じ環境でも私たちの受けとめ方によって効果が異なるものです。このコースでは、さまざまな環境と人とのかかわりについて検証し、その知識を生活や仕事の場でいかすことができる人材を育成します。

福祉心理学科

資格の組合せ

福祉心理学科

3ポリシー

アドミッション・ポリシー
 人びとの幸福の追求や生活の質の向上のため、心理実践力を活用することができ、人や社会について広い関心をもち続け、主体性をもって社会的、心理的課題の解決に努力することを求めます。また、柔軟な思考力と深い共感力、多角的な想像力、豊かな表現力を身に付けるために、心理学の知識、技術と、科学的思考力や判断力を修得するための努力を惜しまない学生の入学を期待します。

カリキュラム・ポリシー
 「心理実践力」の基盤としての「学士力」を1年次で学び、2年次では、諸技法を修得し、全人的・具体的・個別的な実践・支援につなげるための科目が配置されています。そして、深い専門性と幅広い知識を修得できるように、臨床心理履修コース、生涯発達心理履修コース、社会心理履修コースのいずれかを集中的に学ぶことができます。

ディプロマ・ポリシー
 「人間的理解」「コミュニケーション力」「他者配慮表現力」「問題解決力」「自己コントロール力」「対人調整力」「社会貢献力」からなる「心理実践力」を有する学生に学位を授与します。