文字サイズ
学部・学科

学部・学科

教育学科:概要

2015年4月に、社会教育学科と子ども教育学科を再編し、「教育学部教育学科(初等教育専攻/中等教育専攻)を開設しました。

学科概要

 学校間や校種間での相互連携を視野に入れ、幼児教育から中等教育、さらには特別支援教育、社会教育までの幅広い学びを展開することで、さまざまな教育的課題やニーズに適切に対応できる人材の養成を目指します。
 保育士をはじめ、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の資格・免許取得をめざすとともに、教育現場での主体的な実践力を身に付けていきます。また、教育実習や保育実習とは別に、教育実践活動や地域と連携した学習支援活動を行います。

専攻・コース紹介

専攻コース
初等教育専攻幼保コース幼稚園教諭免許状の取得を目指します。
100名定員で保育士資格も同時に取得できます。
小幼コース幼稚園教諭のための学習をしながら、
小学校教諭免許状の取得を目指します。
小特コース小学校教諭免許状の取得を基礎として、
特別支援学校教諭免許状の取得を目指します。
中等教育専攻主に中学校教諭、高等学校教諭、特別支援学校教諭、
図書館司書、博物館学芸員の資格取得をめざします。

3ポリシー

アドミッション・ポリシー
 将来、保育・教育にかかわる者として、入学後の学修や実践に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有し、それらを自律的な学修によって伸ばしていこうとする向上心と意欲、さらに保育・教育に貢献していこうとする使命感を有する学生の入学を期待します。

カリキュラム・ポリシー
 保育士や教員としての情熱や責任感を育み、乳幼児・児童・生徒を理解し一人ひとりの気持ちに寄り添った対応ができるようになるための講義・演習・実習などを配置しています。さらに、福祉系科目や心理学系科目なども幅広く学び、乳幼児・児童・生徒をさまざまな面から支援する方法を総合的に理解できるカリキュラムになっています。

ディプロマ・ポリシー
 「考える楽しさ」「学ぶ喜び」を育てる専門職として、乳幼児・児童・生徒一人ひとりの発達の特性を理解し適切に対応し、学んだ諸能力を現場で効果的・柔軟に発揮、さらに乳幼児・児童・生徒や保護者を受容的に支援しながら、自らの「学び」を土台に、自ら考えたことや実践したことについて省察する能力を有する学生に学位を授与します。