文字サイズ
就職・資格

就職・資格

キャリア教育

就業力とは、学生が自分に合った仕事を見つける能力のこと。東北福祉大学では、学生がそれぞれの就業力を高め、将来への歩みを一歩ずつ確実に進められるよう、入学後すぐにスタートするキャリア教育と、きめ細かなキャリア支援を行っています。
キャリア教育
リエゾン型のキャリア教育プログラムで、『知・心・体』の総合能力を育成。
 東北福祉大学では、自分のキャリアを自分でデザインしていくことを教育の基本におき、自らかかわる(主体性)、自ら考え気付く(課題発見能力など)、自らアクションを起こす(実行力)を3つの柱に、課題に前向きに取り組み解決しようとする力(人間力・忍耐力)をもったたくましい人材の育成を目標にしています。そのために展開しているのが、自分の将来をデザインしていく力、必要な情報を収集し整理する力、人間関係を築く力、意思を決定する力を養うさまざまなキャリア教育プログラムです。
 キャリア教育プログラムの最大の特徴は、リエゾン型(連携性、関係性など「つなぐ」という意味)のプログラムとなっている点にあり、演習・講義型リエゾン(1年次から4 年次までのキャリア関連の講義)と実践型リエゾン(さまざまな実習やインターンシップ、ボランティア活動、そして課外での部活動やサークル活動など)から構成されています。
キャリア教育2
キャリア関連講座と就職支援講座により学生の就業力を高め、就職活動を強力にサポートしています。
 1年次の「スタートアップ期」は、人間的教養を身に付けるべく学問の基本を学び始める時期であり、この時期に『自己理解・他者理解』を促すキャリアデザインⅠは、「人間としての自分を理解すること」と「他者との関係性の中で成り立つ自分」を認識させるものです。そ
れは社会人として、また職業人として生きていく自分の出発点での立ち位置を知る作業であり、自分の特質を理解し、職業人生を歩いて行くための方向性を見いだします。これらをテキストの使用による学びと多くのワークで認識します。
 これに対して2年次の「スキルアップ期」は自己スキルを認識する時期にあたり、3年次の「ブラッシュアップ期」、4 年次の「マネジメント期」の土台になる時期であり、この時期に『社会理解』を促すキャリアデザインⅡは、広く浅く産業社会を知ると同時に、そこで生きて働く自分の将来を見据え、さまざまな職業、職種、それらの活躍の場である「業界」や実践の場である「組織(企業、行政、病院、福祉施設、学校、NPO、その他)」の基本的知識の修得と動向および現状を理解させる場となります。
 3年次の「ブラッシュアップ期」は、いわゆる業界研究を深め自己の進むべき専門職種を見極める時期であり、キャリアデザインⅢは、『企業理解』を促すための、企業に特化した講座です。
 そして、4 年次の「マネジメント期」での、就職活動という『実践』につながっていきます。
キャリア教育2