文字サイズ
学生生活

学生生活

クラブ&サークル(体育会)

クラブ&サークル

体育会

・常任幹事会
・硬式野球部
・男子バレーボール部
・女子バレーボール部
・男子卓球部
・女子卓球部
・テニス部
・バドミントン部
・剣道部
・柔道部
・スキー部
・陸上競技部
・サッカー部
・躰道部
・弓道部
・男子ハンドボール部
・女子ハンドボール部
・水泳部
・ゴルフ部
・フィギュアスケート部
・軟式野球部
・アイスホッケー部
・女子ソフトボール部
・空手道部

スポーツニュース

サンプル画像

硬式野球部

硬式野球部
優勝をめざして、ますます「猛烈」に。
我々硬式野球部は、全日本大学野球選手権大会、明治神宮野球大会での優勝をめざし日々練習を行っています。先輩方の残された数々の輝かしい実績におごることなく、我々自身が福祉大学硬式野球部の歴史に名を刻むという強い気持ちがあります。今年のスローガンは「猛烈」です。強く、激しく、最後まで諦めず全部員で優勝を勝ち取ります。
硬式野球部
【過去の成績】
■第40回全日本大学野球選手権大会 優勝
■第36回全日本大学野球選手権大会 準優勝
■第39回全日本大学野球選手権大会 準優勝
■第49回全日本大学野球選手権大会 準優勝
■第29回明治神宮野球大会 準優勝
■第36回明治神宮野球大会 準優勝
■第53回全日本大学野球選手権大会 優勝
■第37回全日本大学野球選手権大会 準優勝
■第44回全日本大学野球選手権大会 準優勝
■第27回明治神宮野球大会 準優勝
■第33回明治神宮野球大会 準優勝
■第39回明治神宮野球大会 準優勝

ゴルフ部

ゴルフ部
心身を鍛え直し、ねらうは団体戦四冠。
ゴルフ部がめざすのは、年間4つの団体戦の完全制覇です。その目標に向かって、4月~11月のシーズン中はゴルフ場で週3日の練習を、12月~2月のオフシーズンは室内練習場を使って週4日のトレーニングに励んでいます。昨年度はなかなか結果が出ず、全員が悔しい思いをしまし
た。今年は心身を鍛え直し、新たな気持ちで団体戦四冠をねらいます。
ゴルフ部
【過去の成績】 
■全国大学ゴルフ対抗戦 優勝12回
■全国女子大学ゴルフ対抗戦 優勝6回
■全国大学対抗ゴルフ選手権 男子:優勝11回 女子:優勝3回
■日本学生ゴルフ選手権 歴代優勝者 宮里優作、権寄澤、池田勇太、中道洋平、松山英樹、村山駿
■日本女子学生ゴルフ選手権 歴代優勝者 原江里菜、佐藤絵美
■信夫杯争奪日本大学ゴルフ対抗戦 優勝13回 
■信夫杯争奪日本女子大学ゴルフ対抗戦 優勝6回

女子バレーボール部

女子バレーボール部
輝かしい伝統を背負い“大学日本一”へ。
東北福祉大学女子バレーボール部は今年で創部48年目、1959年から2009年まで東北大会通算優勝記録113連覇、連勝記録639勝という記録を打ち立ててきました。その素晴らしい伝統を背負いながら、ソウル五輪・バルセロナ五輪で活躍し、本学OGでもある佐藤伊知子先生のご指導の下、“大学日本一”をめざして練習に取り組んでいます。
女子バレーボール部
【過去の成績】 
■全日本インカレ 優勝 1回、準優勝 3回、ベスト4 4回、ベスト8 17回
■東日本インカレ 優勝 2回、準優勝 5回、ベスト4 9回、ベスト8 16回
■東北バレーボール大学男女春・秋リーグ戦大会 春季32年連続優勝 秋季34年連続優勝
■東北地区大学総合体育大会 優勝25回
■東北バレーボール大学男女選手権大会 優勝26回
■2005年東北地区で100連続優勝達成

陸上競技部

陸上競技部
一人の人間として成長できる環境で。
私たち陸上競技部は「強い選手ではなく強い人間をめざして」というテーマを掲げ、少数精鋭で日頃の練習に励んでいます。学業と部活動の両立はもちろんのこと、普段からの挨拶や礼儀、また小学校での陸上教室やボランティア活動などを積極的に行うなど、社会人としての人間性を高めることが何よりも大切であると考え、日々の活動に取り組んでいます。
陸上競技部
【過去の成績】
■第33回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 14位
■全日本大学女子駅伝東北地区予選会 女子9連覇
■天皇盃第81回日本学生陸上競技対校選手権大会
 対校選手権大会 女子3000mSC 3位
■天皇盃第81回日本学生陸上競技対校選手権大会
 対校選手権大会 男子3000mSC 2位
■天皇盃第81回日本学生陸上競技対校選手権大会
 対校選手権大会 男子400m 2位

女子ソフトボール部

女子ソフトボール部
「自立と自律」をモットーに日本一へ。
私たちは、講義やゼミなどの学業生活をしっかり行ったうえで、日本一になることを目標として活動しています。チームの理念は「自立と自律」です。「自立」とは自分らしく生きていくことで、大学生活では日本一をめざすことをさします。「自律」とはともに生きるという意味をもち、仲間や感謝の気持ちをもつことを大切にしています。
女子ソフトボール部
【過去の成績】 
■2005年 第20回東日本大学女子ソフトボール選手権 優勝
■2005年 第40回全日本大学女子ソフトボール選手権 優勝
■2006年 第21回東日本大学女子ソフトボール選手権 優勝
■2008年 第43回全日本大学女子ソフトボール選手権 優勝
■2009年 第24回東日本大学女子ソフトボール選手権 優勝
■2009年 第44回全日本大学女子ソフトボール選手権 優勝
■2009年 ワールドゲームズ国際大会優勝
■2010年 第45回全日本大学女子ソフトボール選手権 第3位

弓道部

弓道部
1本の矢の重みと大切さを胸に練習。
「正射必中」「一射絶命」という言葉に込められた1本の矢の重みと大切さを胸に、常に向上心をもちながら毎日の練習に取り組んでいます。自分自身との闘いである弓道は、精神面を磨き人間として成長できるのが大きな魅力。これまであと一歩のところまで迫りながら到達できな
かった全国優勝をめざして、さらに個々のレベルアップに励みます。
弓道部
【過去の成績】 
■第54回東北学生弓道大会 男子個人第3位 鈴木秀孟 女子個人第2位 板垣志保里
■第36回東北地区女子記録会 優勝 板垣志保里
■第55回東北地区秋季学生弓道大学Ⅰ部リーグ戦 団体 準優勝 個人第2位 斎藤純輝 個人第3位 増子慧
■第46回東北地区秋季女子学生弓道大学Ⅰ部リーグ戦 個人優勝 中澤琴乃
■全日本学生弓道選手権大会 団体ベスト16